美Bodyは医療広告ガイドラインを遵守します

美Bodyでは、厚生労働省の「医療広告ガイドライン」に則り適正な表現を厳守します。

医療広告ガイドラインでは、次のようにサイト上で以下の表現を記載することは禁止されています。

法第6条の5第1項の規定により、内容が虚偽にわたる広告は、患者等に著しく事実に相違する情報を与えること等により、適切な受診機会を喪失したり、不適切な医療を受けるおそれがあることから、罰則付きで禁じられている。
同様の観点から、法第6条の5第2項の規定及び医療法施行規則(昭和 23 年厚生省令第 50 号。
以下「省令」という。)第1条の9により、次の広告は禁止されている。
(ⅰ) 比較優良広告
(ⅱ) 誇大広告
(ⅲ) 公序良俗に反する内容の広告
(ⅳ) 患者その他の者の主観又は伝聞に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談の広告
(ⅴ) 治療等の内容又は効果について、患者等を誤認させるおそれがある治療等の前又は後の写真等の広告
医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針

そのため、当サイトでもこれを遵守し、適切な表現を行うため、以下のような表現は行いません。

  • ビフォー・アフターの症例画像
  • 脱毛効果の体験談・お客様の声
  • いたずらに料金だけを強調

美Body編集部