ホットヨガは息苦しいというのは大きな勘違い!サウナとは全然違う!

運動不足の会社の同僚にホットヨガをすすめると真面目な顔をして言われました。


ホットヨガってサウナみたいに暑い中でやるんでしょ?
なんだか息苦しそうで無理だわ。
よくインストラクターなんてできるね。

実はこれってよく言われることなんです。

ホットヨガはサウナみたいなところでやる苦しいもの
滝のような汗を流すんだからサウナと同じ

そんなイメージを持っている人、とっても多いんですが、その情報は大きな誤解です。

今回の記事はホットヨガは息苦しいという印象があるけど、実は全然そんなことないという根拠とホットヨガとサウナの違いを説明します。

とは言え、私も実は十年近く前に初めてホットヨガに通いだした頃は同じイメージを持っていました(笑)

私が初めてホットヨガを体験した時の感想

私が初めてホットヨガのチラシを見た時の感想を言いますと、

『サウナの中でよく動けるね!』でした(笑)

でも、サウナで60分なんて絶対に持たないのに、ホットヨガのレッスンを見るとどれも60分コースばかりでどうやってるんだろうって、半分以上興味本位で体験レッスンで参加してみたんです。

どうせ体験レッスンだから暑くて我慢できなければ出ればいいしという軽い気持ちでした(笑)

その初めて通ったホットヨガのスタジオがLAVA(ラバ)でした。
スタジオ内は気分を落ち着かせるためか証明を少し落としていて、なんだか少しワクワクしたのを覚えています。

スタジオに入ると暑いというよりも、夏の木陰にいる感じの暖かさでした。
だから暑いというよりも、ぬるま湯に体を浸しているような不思議な感覚でした。

でも、いざレッスンが始まると、腕を伸ばしたり、片足ねじりのポーズやガス抜きのポーズ、立木のポーズなど、さほど辛くない姿勢をしているだけなのに毛穴中から粒のような汗が噴き出てきてビックリしました。

そんなに暑いという感じじゃないのに、汗が止まらないという不思議な気持ちよさがずっと続きました。
でも、1つ1つのポーズをキープする時間が長くなると体の内側が絞られて、筋肉が刺激を受けているのもよく分かるんです。

私はトレーニングジムで重たいものを踏ん張って持ち上げたりすると後から膝や肘がいたくなるんで苦手だったんです。
でも、ホットヨガだと暖かい部屋でゆっくりと体を動かしながら筋肉を鍛えるからどこも痛くないし、翌日もじんわりと気持ちよいぐらいの筋肉痛があってクセになりました(笑)

インストラクターの女性が、適宜10分間隔ぐらいで水分を取るよう指示してくれるから、どのタイミングでお水を飲めばいいか分からないっていう不安も無くがぶ飲みできました。

1時間で1リットルの水を飲みほしたのも初めてで、でもこれだけ大量の水を飲んだのに、全然お腹がいっぱいにならないのはそれだけ汗が出ていたからなんですね。
実際にタオルは汗でびちゃびちゃになってTシャツもぐっしょりでした。

心地いいリラックス感を感じながら楽しんでいると、気が付いたら終わっていたというのが正直な感想です。
暑くて息苦しいんじゃないの?

という不安は全く感じませんでした。
今だったらホットヨガって女性だったらみんな当たり前にやってますけど、10年前ってまだあんまりやってる人っていなかったんですよ。

だから、私は全く違う世界を見ることができた感じがしてすぐにハマってしまって、そのままインストラクターまでとっちゃいました。
今は平日の夜と土日だけインストラクターをして平日の昼は会社に勤務しています。

ホットヨガって息苦しいどころか、誰に聞いても快感って答えると思います。
では、ホットヨガとサウナの違いってなんなんでしょう?

そこを正確に説明したいと思います。

ホットヨガとサウナは全然別物

サウナ

ホットヨガとサウナの温度と湿度の違い

サウナの温度 85~90℃前後
サウナの湿度 5~10%前後
ホットヨガの温度 38~39℃前後
ホットヨガの湿度 55~65%前後

サウナは90℃という高温なので5分と耐えられない苦しさです。
風呂屋で体験した人なら分かると思いますが、サウナで鼻呼吸すると鼻の奥が、熱でじ~~~んと染みるような痛みに近いものがあります。

でも、ホットヨガは、『夏の日陰』ぐらいの温度と湿度です。
だから、ふつうに呼吸できますし、ただ立っているだけだとぬるま湯に体を浸している感じで、暑すぎたり、苦しかったりすることはありません。
でも、このホットヨガの温度と湿度の良いところは、『身体を動かすとしっかり汗をかく』ことです。

ホットヨガは『ヨガ』であることが基本

ホットヨガは温かいところでいっぱい汗をかくという点ばかりが強調されますが、基本はヨガです。
体をのびのびと動かしてポーズや動きに合わせてゆっくり深呼吸しながら自律神経を整えて精神を落ち着かせて行くことがポイントなんです。

ただ暑い中で体を動かしているだけじゃありません。
サウナのように深呼吸ができないぐらいに熱い温度でヨガをやると、自律神経が整うどころか大きく乱れて体調を崩してしまいかねません。

だからホットヨガの温度が息苦しいほど熱く設定するはずがないんです。

実際に、ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)の場合は、レッスンごとの強度や部位ごとに温度を微妙にずらすことで、1レッスンにつき、300kcal以上消費できるよう調整することで、絶妙に汗をたくさんかきながら呼吸を整えやすいクラスを実現しています。

ホットヨガのLAVA(ラバ)のレッスンごとの温度・湿度設定の違い

ずばり!温度の1番高いクラスは
「リンパリラックスヨガ」
「美律ホルモンヨガ」
38度で設定しています。

次に温度の高いクラスは
「ヨガベーシック」
「お腹引き締めヨガ」
「パワーヨガ初級・上級」
「美脚ヨガ」
「リラックスヨガ」
「ホットピラティス」
35度に設定しています。

温度の高い低いはあっても実際は1~3℃以内の差ですので、
温度差のあるプログラムに連続して通ったら体感できるかもしれませんが、実際はほとんど分かりません。

現役のホットヨガインストラクターの私でも、気づかないことはよくあります(笑)

安全にホットヨガに通う4つのポイント

ポイント

1、体調が悪い時は休む

当然の前提ですが、風邪をひいたりケガをして体調が悪い時は無理に通わないようにして家でゆっくり体調を戻してください。

女性の場合、特に

  • 生理痛がヒドイ
  • PMSで気分が悪い
  • 妊娠中で食欲が無かったり気分が悪い
  • 急にお通じが来た

などの自分の体調に不安がある時は無理しないでください。

自分の体を第一に考えてください。

真面目な人ほど、


予約したから行かなきゃ!
月謝も払ってるし行かないと損だ!

と無理してしまいがちですが、体調を崩すほうが結果的に損になります。

もし体調不良が続くようなら一度、休会すればよいでしょう。

2、ヨガウェアは薄くて発汗性のあるものにする

体験レッスンの時は何を着て行けばよいか迷うかもしれませんが、TシャツでOKです。
無理してヨガウェアを買う必要もありません。

ただ、ジャージは止めましょう。
ジャージを着ると汗を吸い込んで、めっちゃ重たくなります。

無理して高いのを買う必要はありませんので、ユニクロのヨガウェアコーナーで安いものを買えばそれで充分です。

もし何もなければ、TシャツとハーフパンツでOKです。

3、水分をこまめにきちんと取る

まともなホットヨガスタジオなら10分から長くても15分おきに必ず給水のポイントがあります。
それがインストラクターの先生が、

『お水を飲んでください』

と言ってくれます。

そのタイミングできちんと水分を取りましょう。
万が一、そのタイミングで水分を取り損ねても飲みたいと思ったら無理せずすぐに飲みましょう。

インストラクターの人がそれで怒ってくることは絶対にありません。
逆に水を飲むな!と意味の分からない指示をしてくるインストラクターがいるホットヨガスタジオに通ってはいけません。

お水を選ぶ時の注意としては4点あります。

  1. お茶は利尿作用があり、スポーツドリンクは糖分が多すぎるのでふつうのお水にする
  2. 冷やすと気持ちいいのは分かりますが、お腹がビックリして吸収しづらくなるので常温にする
  3. レッスンが始まる前に100~150ccは先に飲んでおく
  4. 500mlだと足りません。必ず1リットルか1.5リットル持っていく

ホットヨガは、高温多湿な場所で汗を多量にかくような運動をします。
水分をきっちり取ることを前提としていますので、ちゃんと水分を取るようにしましょう。

4、気分が悪くなったらすぐにインストラクターさんに言う

気分が悪くなったり、苦しくなった場合は必ずすぐにインストラクターさんに言いましょう。

原則としてホットヨガのレッスンが始まると入退出は禁止ですが、体調が悪くなった方は例外です。

現役のインストラクターとして断言しますが、倒れられてしまうと責任問題なので絶対に外に出してくれます。
だから、むしろ体調が悪くなった時は1秒でも早く言ってくれた方が助かります。

でも安心してください。
過去5年間を思い返しても、私がレッスンをしている中で、実際に体調不良で途中退出した人は2人ぐらいです。
毎月1,200人以上も教えている中でのたったの2人です。

その2人の方も1人は風邪気味の中、無理して来られた方で、もう1人は水を500mlしか持って来ず、強度4のパワーヨガ中級を受けていた初心者(通いだして6日目ぐらい)の人でした。

だから、ふつうに仕事疲れの体調で来てもむしろ気持ち良いぐらいです。

まずはホットヨガを体験してみましょう

ホットヨガの体験
ホットヨガはダイエットだけでなく、お通じの改善、ストレスの改善などいろんな効果があります。
体のメンテナンスがホットヨガと考えてください。

でも自宅で見よう見まねでやっても、効果がないばかりか筋や腱を痛めるだけです。
温度、湿度、呼吸、ポーズ、時間、これらがちゃんとミックスされて初めて効果が出ます。

だから全くの初心者でこれからホットヨガに興味を持ったら、まずは体験レッスンに受けに行ってみましょう。

何事も最初が肝心です。
最初に訪れたホットヨガスタジオが汚れていたり、スタッフさんの対応が悪いとホットヨガそのものに悪い印象を持ちます。

ホットヨガはどこも体験レッスンを1回1,000円ぐらいで実施していますが、まずはホットヨガスタジオLAVA(ラバ)の体験を受けてみることをオススメします。
全国に400店舗近くあるので家の近くで一度、体験すれば全国どこでも同じレベルのサービスを受けられます。

レッスンの紹介と案内もされますが、ビックリするぐらいにあっさりしてます。
今日は体験だけ、と告げればそれ以上何も勧誘されませんのでその点は安心してください。

また今度にしようと思っていると、時間はあっという間に過ぎていきますよ。
『今度』なんて時はないですからね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ホットヨガのカルドの口コミや料金の注意点!体験する前にチェック!

寒い季節のホットヨガはめっちゃおすすめ!ダイエット効果と肌荒れも緩和する!

宇宙ヨガってなに?子宮系って?意味は?効果は?ホットヨガとの違いは?

ホットヨガを名古屋で受けるならここ!口コミや評判について18店を徹底調査!

立川でホットヨガのおすすめ4選【2018年版】

ホットヨガLAVAに最大49,600円も安くできる入会方法を大暴露しちゃいます!