ホットヨガLAVA(ラバ)の口コミ・評判は?効果は?デメリットも含めてセキララに語る

ホットヨガインストラクターのひろみです。
私は10社以上のホットヨガスタジオに通って、4社のホットヨガスタジオでインストラクターをしています。

今回はその経験を元に、LAVA(ラバ)について次のような疑問に答えていきます。


そもそもホットヨガの効果ってなんなの?
ホットヨガに通いたいけどどこのホットヨガがいいの?
LAVA(ラバ)はあちこちにあるけど実際どうなの?
LAVA(ラバ)の口コミやメリット・デメリットはなんなの?

ホットヨガのLAVA(ラバ)って有名ですよね。
各駅ごとにあるんじゃないの?っていうぐらいにあちこちで見かけます。

すると妹が、私に尋ねてきました。


友達でホットヨガに通ってる子はみんなどんどんほっそりしてキレイになっていくし、どんなとこなの?

私は軽めに答えました。


とりあえず1回、LAVA(ラバ)の体験レッスンを受けてみたら?
その後、詳しくを教えてあげるよ。

妹がLAVA(ラバ)の体験を受けようと思ったわけ

妹は、3年前に出産後に体型が洋ナシ型になってキレイに痩せたいと思っていました。
しかもひどい冷え性でいつも足先が冷たく、肩が凝りやすかったんで運動するきっかけを探していたみたいです。

そんな中で私がホットヨガの初心者でキレイに痩せながら冷え性を改善したいなら、LAVA(ラバ)がいいよ、と言っていたのを思い出して今回、LAVA(ラバ)の体験レッスンを申し込んだみたいです。

体験レッスンは1000円で受けられるから妹も気軽にまずは申し込んでみました。

ホットヨガってなんなの?

ホットヨガってまるでサウナのようなところでヨガを行うと思っている人がいますが、大きな誤解ですよ。

サウナの温度 85~90℃前後
サウナの湿度 5~10%前後
ホットヨガの温度 38~39℃前後
ホットヨガの湿度 55~65%前後

サウナは非常に高温なので5分と耐えられない苦しさです。
でも、ホットヨガは、『夏の日陰』ぐらいの温度と湿度です。

だから、暑すぎたり、苦しかったりすることはありません。
でも、この温度の良いところは、『身体を動かすとしっかり汗をかく』ことです。

LAVA(ラバ)の場合はクラスによって温度が違っています。

LAVA(ラバ)ではレッスンごとにスタジオの温度・湿度設定が違います。
それは1レッスンにつき、300kcal以上消費できるようにするため、そしてどのクラスでも、しっかり汗がかけるようにすためです。

ずばり!温度の1番高いクラスは
「リンパリラックスヨガ」
「美律ホルモンヨガ」
38度で設定しています。

次に温度の高いクラスは
「ヨガベーシック」
「お腹引き締めヨガ」
「パワーヨガ初級・上級」
「美脚ヨガ」
「リラックスヨガ」
「ホットピラティス」
35度に設定しています。

美容・健康によいホットヨガLAVA(ラバ)の効果

精神的な安定・リラックス

LAVA(ラバ)のホットヨガでは「サウンドフローヨガ」や「リラックスヨガ」といったプログラムがあるように、心身共にリラックス効果が得られるのが魅力的です。

大量の汗をかき、ストレスを発散して心のデトックスにもなるホットヨガは、体を柔軟に動かす爽快感だけでなく、自律神経の乱れを整えれば、安眠効果も期待できます。

美肌になれる

ニキビや吹き出物、肌荒れの原因になる肌の汚れや老廃物を流せるのも、ホットヨガの特徴。

大量の汗で水分の代謝をアップすれば、汗と一緒に毛穴の汚れや角栓も流れるのに加え、肌細胞の生まれ変わりでもあるターンオーバーを促進するのにも役立ってくれます。
LAVA(ラバ)スタジオで取り組める「ヨガベーシック」や「ヨガフローアドバンス」は、美肌ケアにも有効です。

美しいボディラインが手に入るダイエット効果

有酸素運動であるホットヨガは発汗による新陳代謝の活性化が期待できるため、すっきりとした体のラインを手に入れる人にもおすすめ。

また、30分以上のレッスンなら消費カロリーを高めるのに加え、脂肪燃焼効果にも役立ってくれます。普段使わない筋肉を含め、全身を使って引き締めるので、体の歪みを整えたりぽっこりお腹の対策にしたりなど、ダイエット目的で通う人も多いです。

LAVA(ラバ)のスタジオでは「お腹引き締めヨガ」や「美脚ヨガ」など、ダイエット向けのプログラムも用意されています。

体質改善にも効果がある

LAVA(ラバ)のスタジオでは「骨盤筋整ヨガ」や「体幹バランスヨガ」もありますが、血行促進で体質改善を目指した体づくりにも有効です。

ヨガで身体が温めて、リンパの流れを良くして筋肉の緊張をほぐせば、冷え性や便秘、むくみ、生理痛、肩こりといった体質の悩み改善にも良いアプローチとなるため、美容と健康を意識した美しさを目指せます。

適当な温度と湿度では適量のカロリーを消費できないので300kcal以上消費するには、ホットヨガを自宅で自分で行うのは難しく、専用のスタジをで通わないとできないのです。

そのため、今はホットヨガのスタジオは右肩上がりに増えており、後で書きますが、LAVA(ラバ)は全国に390店舗以上あります。

LAVA(ラバ)の特徴

LAVA(ラバ)の想い

“外見だけではない、内面の美しさ”を磨き、多くの人たちに豊かな日々を送ってほしい。そんな思いから生まれたのが『ホットヨガスタジオLAVA』です。
これは、LAVA(ラバ)の社員を募集するページにもしっかりと記載されており、私たちインストラクターも日々意識しています。
参考:http://recruit.yoga-lava.com/indeed/hokkaido_sapporo.php

また、ただ痩せるだけでの目的ではなく、生き生きとした人生を歩んで幸せになってほしいという思いがあります。

LAVAで大切にしているのは「多くの方を幸せにしたい」という想い。
参考:http://recruit.yoga-lava.com/employ/freshers/

だから、質の高いレッスンだけでなく、キレイで快適なスタジオ、レッスン後に気持ちよく汗を流せるシャワールーム、快適なレッスン環境を作るスタッフの教育が行われています。

これらの源は『「多くの方を幸せにしたい」という想い。』があるからです。

LAVA(ラバ)の体験レッスンで受けられるプログラム

プログラム名 強度 特徴
ハタヨガビギナー 2 ハタヨガの基礎的なポーズをじっくり行うコース
リンパリラックスヨガ 1.5 前半に顔・腕・脚・お腹のセルフマッサージを行い、後半にヨガのポーズをとっていくコース
リンパリフレッシュヨガ 1.5 足元から順にマッサージとヨガのポーズを交互に行い、めぐりの良いカラダを目指すコース
リラックスヨガ 1.5 座りポーズ、寝ポーズを多く取り入れたリラックスできるコース
デトックスヨガ 1.5 骨盤周りをほぐし下半身の体温をあげることで、詰まりのない、冷えに悩まないカラダへと導くコース
ヨガベーシック 2 さまざまなポーズをとり、楽しみながらヨガの効果を実感できるコース
やさしいパワーヨガ 2 ゆったりとした呼吸に合わせて、簡単な動きとキープを繰り返していくコース
美律ホルモンヨガ 2 美しい旋律を奏でるように流れのあるポーズをとっていくコース
ボディバランスヨガ 2 骨盤のゆがみを調整することで、むくみを解消し、スマートな下半身、美しい姿勢を目指すコース
体幹バランスヨガ 2.5 下半身および体幹の安定を促し、均衡のとれたカラダへと導くコース
パワーヨガ初級 3 「太陽礼拝」を始めとした、流れのある一連の動きがベースとなっているコース
骨盤筋整ヨガ 3 さまざまな不調の原因となる、骨盤のゆがみを改善していくコース
ヨガフローベーシック 3.5 音楽とヨガの融合により、心とカラダの解放を感じられるコース

全てのレッスンの時間は60分とちょうど良い長さです。
ホットヨガスタジオ オーは75分や90分の長さなどもありますが、ハッキリ言ってこれだけ長いとインストラクターもかなり苦しいです。

強度とは、運動量のキツさです。
ホットヨガの初心者の方が体験で受けるなら、『2以下』のレッスンにしましょう。
ホットヨガに慣れていない人にとっては2でもクタクタになります。

LAVA(ラバ)で提供しているプログラムの強度別一覧

LAVAのプログラムの種類

LAVA(ラバ)のスタッフさんの対応

LAVA(ラバ)のスタッフは受付や事務を行う人とインストラクターの2種類あります。

受付や事務は基本的にアルバイトさんですが、接客は非常に厳しく指導されていますので妹もその点は安心したみたいです。

レッスン開始の30分前までににスタジオに到着するよう言われているのに、少し遅れて20分前に到着した妹を笑顔で受け入れてくれました。

受付で名前を告げるとどのレッスンの体験かの確認があり、レッスン後にLAVA(ラバ)の案内をしたいから5分ほど時間を取ってほしいと言われます。

その時の様子を妹は笑顔で語っていました。


長椅子に座っていた時に、受付のスタッフさんは床にヒザを着いて、下から見上げるように私に話しかけていたのはさすがだと思った!

お客様である体験レッスンの受講者さんを見下ろすことなく、ちゃんと見上げる形での接客レベルに感動したそうです。

ホットヨガLAVA(ラバ)の体験レッスン時の持ち物やあると便利なもの

  • 運動ができる服装(Tシャツやスパッツなど)
  • ミネラルウォーター(1リットル以上)
  • 替えの下着
  • シャワー用のタオル
  • 汗拭き用フェイスタオル

ホットヨガに通ったことが無い人は、1リットル以上のお水なんていらないでしょ~、と思うかもしれません。

でも、『1リットル以上のお水は絶対に必要』です。
びっくりするぐらいに汗をかきます。

服装については、ぜんぜんこだわる必要はありません。
汗びっしょりになるので、TシャツとショートパンツでもOKです。

当然ですが、下着もビチャビチャになりますから替えは持ってきましょう。
1つ小ネタをお伝えしますと、『買い物でついてくる白いビニールの手提げ袋』を2つぐらい持ってきておくと便利です。

私の妹は、替えの下着と一緒に行き帰りに読むための本を布製のカバンに入れて行ったんですが、本が汗でぐっちょり濡れてしまっていました。

私もちゃんと教えておくべきだったんですが、それぐらい汗をかきます。
だから汗に濡れた服はビニール袋に入れて持ち帰りましょう。

なお、体験レッスンの時は、ヨガマットは不要です。
スタジオが無料で貸し出ししてくれます。

LAVA(ラバ)の体験レッスンの感想

妹が体験レッスンで行ったのはLAVA池袋東口店です。

池袋東口店は女性専用だったので、スタッフさんもみんな女性です。
当たり前ですが、お客さんも全員女性なので男性の視線を気にせずレッスンに打ち込めたようです。

LAVA(ラバ)は数としては少ないですが、男女共有のスタジオもあります。
もし、彼氏やご主人と一緒にLAVA(ラバ)を体験したいなら男女共有のスタジオを選びましょう。

ホットヨガを行うために更衣室でTシャツとショートパンツに着替えてホットヨガのスタジオ内に入ります。

ホットヨガを行うスペースは、とっても広々としていて少し薄暗くなっています。

音楽はα波が出そうなゆったりとしたヒーリング系の音楽が流れているので、座っているだけで癒やされます。

妹が体験したプログラムは、『ヨガベーシック』です。
これからヨガを習うからベーシックという軽いノリで選んだそうですが、間違いではありません。

ヨガでは動作やポーズも大切ですが、効果を出すには『呼吸』が最も大切です。
ヨガベーシックは、無理のない定番のポーズを呼吸に意識を向けながら取り組めますからヨガの基本とポイントが分かります。

体験レッスンでおすすめのプログラム

  1. ヨガベーシック
  2. ハタヨガビギナー
  3. リラックスヨガ

この3つのプログラムはどれも呼吸を意識できるゆったりとした無理のないポーズを行いますので、ホットヨガのコツが分かり、効果が実感しやすいレッスンです。

LAVA(ラバ)ではホットヨガを体験する前に、スタッフの方が汗がたくさん出るためのエッセンシャルバームを塗ってくれます。

汗が出やすくなる発汗系バームなので、確かに玉のような汗が吹き出してきました(笑)

LAVA(ラバ)の体験レッスンではスペースにゆとりがあって快適!

LAVA(ラバ)は、レッスンごとに定員がしっかり決まっています。

そのため、定員が埋まるとキャンセル待ちが発生してしまうというデメリットがあります。
でも、逆に他のホットヨガであるようなスタジオがぎゅうぎゅう詰めになるぐらいにお客さんで埋め尽くされて狭いスペースでレッスンを受けるということがありません。

LAVA(ラバ)は、必ず各スタジオごとに最大人数が決まっていますから、
『すし詰め状態でキツキツだった』
なんてことは絶対にありません。

広々とすたスペースでゆったりとレッスンを受けられます。

体験レッスンのインストラクターの対応は抜群!

レッスンがスタートすると、まずは呼吸と座禅から始まります。
リラックスして呼吸を整えることが目的なので最初はゆったりとした動きとポーズです。

そして少しずつポーズが難しくなってきます。


あれ?足先に手がとどかない!
うまくポーズができないよ!

そんな時でも大丈夫です。

LAVA(ラバ)では、レッスンを受けるお客さんの数が少ない分、しっかりとインストラクターがアジャスト(ポーズや運動の補助)してくれます。

しかも、妹は体が硬いことにかけては自信があったんですが、インストラクターはそこを察知してくれて、無理のないアジャストをしてくれました。

ヨガのインストラクターのレベルが低いと、お客さんの体の硬さや柔軟さを無視して強引にポーズを矯正しようとしてきて、腰や足を痛めてしまう場合があります。

でも、LAVA(ラバ)では、お客さんの体の具合にあわせて無理のないアジャストを心がけてくれます。
万が一、痛ければその旨をインストラクターに言えば、絶対にそれ以上、無理はさせませんから安心してください。

LAVA(ラバ)と他のホットスタジオの室温・湿度の違い

上でも書きましたが、LAVA(ラバ)は1レッスンで300kcal以上消費できるように考えて室温と湿度が調整されていますので、サウナほど暑くないし苦しくありません。

また、他のホットヨガのように無駄に高い室温にすることもありません。

だから、他のホットヨガスタジオと比較すために、カルドや岩盤ヨガのララアーシャを体験した後にLAVA(ラバ)を体験すると少し室温が低いように感じますが、計算された上での室温と湿度です。

室温が高い方がスッキリするというのは、錯覚です。
あまりに室温を高くしすぎると、副交感神経が刺激されすぎて疲労感が増えるだけです。

大切なことは、汗をしっかりかいて、適切なカロリーを消費して、心地よさを感じられることです。

ゆっくりじわ~っとインストラクターのマネをしてポーズを取りますが、どこからこんなに汗が出てくるの!?

というぐらいに汗が止まりません。
筋トレなどのトレーニングジムに通うような痛みも苦痛もないのに、しっかりと体が温まり、バランスを取るためにインナーマッスルを刺激していきます。

妹は冷え性なので代謝が悪く、汗はほとんどかかないのに、ホットヨガだと体中の毛穴から汗が吹き出ていました。

汗は体内の不要な老廃物を排出するデトックス効果があるので、足のむくみも取れて

また室温と湿度を一定に保つために、レッスン開始後はスタジオに入ることはできませんから注意してください。

LAVA(ラバ)のシャワー室はめっちゃきれい

LAVA(ラバ)は、スタジオごとにシャワー室が完備されています。
少ないところで5~6つ、東京だと10ぐらいあります。

だからレッスンを受けるお客さんの人数によっては、レッスン後に並ぶこともあります。
ただ、みんな汗を流して体をサッと洗うだけなので、だいたい2~3分で交代になるので、10分も15分も待つということはありません。

また、なによりもLAVA(ラバ)のシャワー室はめちゃくちゃキレイです。
レッスンの合間に髪の毛を1本も残さないように徹底した掃除がされているので、めっちゃ快適に使えます。

勧誘される?体験した後の入会は断れる?

60分の体験レッスンを終えると、事務の女の子から体験レッスンの感想とLAVA(ラバ)の紹介があります。


今日の体験レッスンはどうでしたか?

この質問から始まって、


もしご入会の意思をお持ちでしたら本日中にご入会頂けますと入会金と登録金10,000円が無料になります。

さらに特典として水素水が1ヶ月飲み放題だったりと心が揺れます(笑)

でも『勧誘』というよりも『案内』という感じです。
『申し込まないと帰れない』という雰囲気ではぜんぜんなく、
『もしよければ入会してください』というノリです。

もしその場で決められなくても、体験レッスンを受けた日のうちにスタジオに電話で申し込めば特典は全て受けられるので、その場で即決しなくても大丈夫です。

うちの妹も自宅に戻って、私に相談して、旦那さんに相談してからその日にスタジオに電話して申し込みをしてました。

LAVA(ラバ)の料金

※料金はすべて税込みです。

LAVA(ラバ)の入会時の料金

入会金 5000円
登録金 5000円
施設使用料 2000円
初月・翌月の月会費 16600円~32600円

LAVA(ラバ)の月額料金

チケット種別 マンスリーメンバー・4
登録店舗限定・月4回までご利用可能
マンスリーメンバー・ライト
2店舗利用可能・通い放題
マンスリーメンバー・フリー
全店舗利用可能・通い放題
時間帯種別 フルタイム
(すべての営業時間)
フルタイム
(すべての営業時間)
デイタイム
(平日17:00まで)
フルタイム
(すべての営業時間)
月額料金
(税込)
8300円~10300円 10300円~15300円 9300円~13300円 16300円

LAVA(ラバ)のオプション料金

水素水 1100円
マットキープ 1100円
バスタオルオプション 500円

LAVA(ラバ)のメリット・良いところ

全国390店舗あるから通いやすい

複数の店舗があるホットヨガスタジオはいくつかありますが、全国に390店舗あるヨガスタジオはLAVA(ラバ)だけなんで、本当に通いやすいです。

マンスリーメンバーライト(2店舗利用可能・通い放題)を選べば、平日は職場近くのLAVA(ラバ)、休日は自宅近くのLAVA(ラバ)に通うなど自分の都合に合わせて選べます。

また引っ越ししても気軽に近くのLAVA(ラバ)に通えます。
ホットヨガを続けられるかどうかはこういった通いやすい点がポイントになってきます。

インストラクターによってレッスンレベルに差が小さい

ホットヨガは今、大人気なのに、インストラクターの数が少ないので、どのホットヨガスタジオもインストラクター不足に悩まされています。

だからインストラクターのレベルが低くても気軽にインストラクターにしてレッスンをもたせているホットヨガスタジオもあります。

でも、これはとても危険です。
間違ったポーズを教えていると変なクセが体に染み付いてしまうだけでなく、体のバランスもおかしくなり、ダイエットなどの効果も出にくくなります。

また、お客さんへのアジャストで力加減を間違えるとお客さんが大怪我してしまうこともあります。

だから、どんなにホットヨガが人気があって、興味があったとしても、インストラクターの質は絶対に最重要視すべきなんです。

その点、LAVA(ラバ)はインストラクターの質は非常に高いことで有名です。

LAVA(ラバ)のインストラクターの質が高い4つの理由

  1. LAVA(ラバ)はインストラクターの採用試験が難しい
  2. LAVA(ラバ)はプログラムごとに試験がある
  3. 定期的に上位トレーナーの抜き打ち検査が入る
  4. 全プログラムで何をすべきかが決まっている

LAVA(ラバ)のインストラクターになるにはインストラクター採用試験に受からないといけませんが、これが意外と難しくて合格率が低いんです。

でも、LAVA(ラバ)の凄いのは、これだけではありません。
プログラムごとに試験があるという点です。

つまり、LAVA(ラバ)ではプログラムが20以上ありますが、仮に『やさしいパワーヨガ』のレッスンをしたいと思ったら、このプログラムをしっかり習得できていることを証明するために試験に合格しないとレッスンそのものが開けません。

さらにインストラクターの採用試験に受かって、プログラムの試験に受かっても定期的に上位インストラクター(通称:トレーナー)から抜き打ち検査が入ります。
予告なくプログラムにお客さんとして参加してチェックされるんです。

ここで決められたプログラム内容を正確に教えられていないと、一発アウトでレッスンが開けなくなります。
LAVA(ラバ)ではレッスンのプログラムは、開始から終わりまで一連の流れで何をすべきかが明確に決まっています。

だから、インストラクターが替わってもプログラムの内容やレベルはほぼ同じです。
カルドは料金は安いですが、同じプログラムでもどんなポーズや姿勢をするかはインストラクターに任されているので同じ内容にはなりません。

ホットヨガ LAVA(ラバ)が向かない人、デメリット

レッスンは初心者向きが多め

デメリットはメリットの裏返しでもあるのですが、ホットヨガヨガをとことん深く学んで呼吸と姿勢だけでなく、精神的なものまで本質から極めたい人には物足りないと思います。

本来のヨガとは、ポーズと呼吸だけでなく、瞑想状態に至り、宗教的な悟りを開くためのステップのことです。

ただ、あくまでLAVA(ラバ)のホットヨガは、『“外見だけではない、内面の美しさ”を磨くこと』です。
そのため、LAVA(ラバ)で行われているのはヨガの中で、ポーズを行う部分『アーサナ』と『呼吸』です。
宗教的な意味合いや精神的な極みに到達することではありません。

他のホットヨガスタジオでは、レッスンがスタートする時に
『オウムー』というマントラを唱える事が多く、ヨガを本格的に学ぶのであればサンスクリット語のポーズ名を覚える方が良いです。

でも、LAVA(ラバ)は日本語で分かりやすく始まり、指導する時も専門用語は使わず分かりやすい伝え方で行います。

だから、
『ダイエットしたい!』
『美肌になりたい!』
『冷え性を改善したい!』
『リラックスしてストレスを解消したい!』
という人にはLAVA(ラバ)は向いていますが、
ヨガを極めたいという人は、LAVA(ラバ)は向きません。

上級者向けのレッスンもLAVA(ラバ)では増えてきた!

ただ、最近はレッスンを50回以上受講された上級者向けのマスターレッスンというがスタートしました。

マスターレッスンは、まさにヨガの本質である瞑想や体の内面の調整など心と体のバランスをとり、より高みに登ることを目的にしたプログラムです。

東京都心店舗が多いですが、大阪や京都、兵庫などの関西や愛知や静岡などの中部地方、九州、東北地方でも開催されだしているので、興味があれば、チェックしてみてください。

LAVA(ラバ)は予約が必要!満席・キャンセル待ちの場合もある

LAVA(ラバ)は1人1人のスペースを広く取るためにレッスンごとに予約が必要になっています。

そのため、人気のプログラムで人気の店舗だと予約が満席になってしまいます。
ただ、キャンセル待ちもできます。

そのため、気になったならキャンセル待ちを入れておきましょう。
かなりの確率でキャンセルが発生するのは内緒です(笑)

だから、実は意外とレッスンに参加できます。

スマホからアクセスして予約ページからキャンセル待ちができるので、お昼のランチタイムにキャンセル待ちを入れておけば空きが出るとすぐに連絡がきます。

女性が多いので急な予定変更もよくあって、キャンセル待ちはかなりありますので気軽に使ってみましょう。

ホットヨガのLAVA(ラバ)の口コミ・評判

ラバに通い出して8ヶ月、体重9キロマイナス! 体脂肪率マイナス11%!
店舗によっていろんな口コミありますが、私の通ってる店舗は満点だと思います。
田舎の郊外店舗なのに強度1.5から5までまんべんなくあり初心者から上級者まで飽きずに通えます。 先生もスタイルが良い人ばかりなので、ホットヨガの説明にも説得力があって真剣に学べるのもモチベーションを維持するのに良いです♪

Yogi2018/01/03(水) 21:22:45.44ID:FgX0GbrC
明日今年初LAVA
でもヨガじゃなくてエクササイズスタート笑
三が日も終わったし、引き締めないとー!

大阪府 吹田市 2018-07-02 22:11:16
20180702 さん  ( 40代 女性)
T先生に担当頂きました。とてもやさしくてさわやかなご指導で、癒されました。ざんねんながら温度の高い環境は、今の自分にはきびしく、通学はあきらめましたが、無理なおすすめもなさいませんでした。通っておられる他の生徒さんも、ロッカーやシャワーを丁寧に使われていましたし、挨拶もきちんとされていて、良い方ばかりにお見受けしました。江坂駅近くでホットヨガをお探しの方には、おすすめしたいです。

ホットヨガの通い方のコツ

1,ホットヨガに通う回数は週3回まで!

マンスリーメンバー・フリーになるとLAVA全店で1日2レッスンまで受講可能ですが、こんなに通うのはインストラクターだけです。

一般の人がホットヨガでダイエットや冷え性改善、美肌になりたいなら週2~3回で十分です。
逆に毎日2レッスンなど、あまり多く通いすぎて無理をしてしまう自律神経が乱れて鬱になってしまうことまります。

お酒も百薬の長と言われますが飲みすぎるとアルコール依存症になって体を壊しますよね。
ホットヨガも同じです。
ほど良い回数で通うことが健康のコツです。

2,ヨガマットはできればお店に置いておく!

ヨガマットは意外とかさばります。
『ヨガに行こうかな~どうしようかな~』と、迷っている気持ちを萎えさせるのは荷物です。

特にヨガスタジオまで距離があって移動に時間がかかるならなおのこと、荷物はお店に置いておける方が気持ち的に楽です。

3,体験レッスンでどんな人がレッスンを受けているのかを確認しておく!

体験レッスンを受けずにいきなり入会すると、


なんか変な人が居た仲良くない人が通っていた

など後悔する種になります。

だから体験レッスンで他に受講している人を見ておきましょう。

ラバの1000円体験レッスンの詳細はこちら


ホットヨガって楽しそうだし、LAVA(ラバ)って良さそう♪
だから、すぐに申し込もう♪

と思った方はちょっと待ってください!
ふつうに入会すると、入会金と登録金の合わせて10,000円がかかってしまいます。

でも、体験レッスンを受けた日に申し込めば入会金と登録金が無料になります。

だから、申し込む気が満々になったとしても、かならず体験レッスンを受けましょう。

しかもヨガマットセットが約半額になります。

  • ヨガマットセット
  • ヨガマット
  • ラグ
  • ケース
  • マットスプレー

合計11,750円(税込)が6,000円(税込)になります。

初心者がホットヨガスタジを選ぶならLAVA(ラバ)

夏はクーラーの下にいて体が冷えてしまい、冬は気温が低くて手足が冷たい。

それを放置していると、汗をかかないので体温調節がうまく行かず、体もむくんでより不調になってしまいます。

そんな人はホットヨガに通ってみてください。

ホットヨガのインストラクターとして言わせてもらうと、初心者はLAVA(ラバ)がおすすめですが、『自分にラバが合うか合わないか?』は人によってそれぞれです。
だから、しっかり自分の目で見て、自分の体で体験してから、入会するかどうかを決めてくださいね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

大阪のホットヨガ 11店を調査!評判は?口コミは?安い?男性OK?

ホットヨガは1日2回も通ったら脱水になる?理想的なペースは?

日暮里のホットヨガスタジオでおすすめはLAVA(ラバ)【2018年版】

立川でホットヨガのおすすめ4選【2018年版】

五反田のホットヨガおすすめスタジオ4選【2018年版】

池袋のホットヨガのおすすめ10選【2018年版】