LAVA(ラバ)の退会方法・解約方法と注意点は?コースの変更はどうする?

LAVA(ラバ)の退会と解約の違いを徹底解説!休会は〇ヶ月以上なら退会の方がお得!

ホットヨガをLAVA(ラバ)で始めたいと思っても退会は簡単なのかな?と悩んでいる人は多いようです。

実際に入会は簡単だけど退会の手続きは煩雑というのはよくある話です。

そこで今回は、LAVA(ラバ)の退会の手続きの流れと注意事項、休会の制度と再開の手続きについて分かりやすく解説いたします。

目次

LAVAの退会(解約)の流れと持ち物

メイン店舗へ訪問

まずは入会するときに契約したメイン店舗へ訪問しましょう。

プラス1店舗では手続きできませんので注意してください。

メイン店舗で退会の意思を伝える

メイン店舗の受付のスタッフに『退会したいので手続きをお願いします』と気軽に伝えましょう。

退会の意思を伝えるのって微妙に勇気がいりますよね^^;

でも、スタッフも入会と退会はよくあることなので、笑顔で対応してくれますよ。

退会に必要な書類とアンケートを記入

簡単な選択式のアンケートに記入しましょう。
だいたい次のような質問が記載されています。

  • ホットヨガを始めた目的はなんですか?
  • ホットヨガでどういう効果がありましたか?
  • 受けて良かったレッスンは何ですか?
  • レッスンにはしっかりと通えましたか?

それぞれに回答が用意されているので、一番近いものにチェックを入れるだけでOKです。

最後に、自由記載欄があり、

『その他、何かございましたら自由にお書きください』的なことが書かれていますので、気づいた点があれば書いておきましょう。

以上です。

簡単ですよね。

LAVAの退会(解約)に必要な持ち物は会員証のみ

LAVA(ラバ)の退会の手続きに印鑑や身分証は不要です。

必要な持ち物は会員証のみです。

だから、会員証さえ持ち歩いていれば、いつでも退会手続きができますので、手続きにストレスを感じることはほぼありません。

退会したいと伝えた時のLAVAはほとんど引き留めない

インストラクターとして退会の現場はよく見ていますが、引き留めはかなりあっさりしています。

退会(解約)したいと言うと一応、他のコースへの提案されます。
でも、それは『続けたいけど他に方法が無いから辞めざるを得ない』というお客さんがたまにいて、勘違いされて辞めるしかないと思い込んでいる人へのコース変更などの情報の提供の説明のみです。

そのため、退会したいと言っているのに強引に引き留めるという趣旨ではありません。

だから、基本的に引き留めはしないことになっています。

それに、今の時代、引き留めがしつこいと悪いうわさが立ちやすいですからね。

参考▷ホットヨガスタジオLAVAのHP【https://yoga-lava.com】

LAVAで退会(解約)に失敗しないために外せない4つの注意

ただし、退会すると決めたならスムーズに損をせず止めるための4つの注意点があります。

この点を知っておかないといけません。

LAVAに退会ではなくマンスリーメンバーの解約になる

あまりご存じない方が多いのですが、LAVAは永久会員制です。
一度入会すると退会はありません。

だから、厳密にはLAVAを止めるのは退会ではなく現在、契約しているマンスリーメンバーのコースを”解約”という形になります。

そのためマンスリーメンバーを解約しても1回1回、その都度お金を払って、1回券で通ったり、登録しているWEBサービスは利用できます。
なお、1回券の料金は3,100~3,500円(税込)です。

ただし、特別レッスンやフローティングヨガなどはマンスリーメンバーでないと受講できません。

再び、マンスリーメンバーに登録したいなら、再登録のための登録金として5,000円が必要となります。
そのため、再登録金5,000円と休会費の月額2,100円のいずれかを取るかを考えて選びましょう。

ただし、入会金は1回支払えばその後は不要ですので、その点はご安心ください。

※休会についてはこの後に説明します。

退会手続きは『メイン店舗』で行う

コース変更などの手続きもメイン店舗でないと受け付けてくれません。

そして、プラス1店舗でも退会の手続きはできません。

LAVAは店舗同士でも売上を競っていますので、おそらくその関係があるのでしょう。

もちろんWeb、電話でのコールセンターでは手続きを受け付けておりません。

当月中に解約したい場合は15日までに手続きを行う

解約希望月の前月15日(定休日と重なる場合は14日)までに会員証を持参の上、登録しているメイン店舗で手続きしてください。
(例:6月より解約希望の場合は5月15日までに来店して手続きを行う)

コールセンターではお手続きを受け付けておりません。
オプションマンスリー(水素水/マットキープ/バスタオル)も同様の手続きが必要です。

入会キャンペーン中の解約は割引価格が適用されない

ただし、入会キャンペーン中の解約はさらに注意が必要です。

入会キャンペーンは、割安になる分、継続して契約しなければならない期間が決まっているためです。

LAVA(ラバ)キャンペーン割引の継続期間は?

入会キャンペーンが終了してから継続して契約しなければならない期間は、

『最低5ヶ月』です。

原則として、この5か月は、途中で退会(解約)はできません。

ただし、やむを得ない理由により退会(解約)したい場合は、一応、退会(解約)できます。

しかし、継続契約期間の5か月以内の途中で解約した場合、『入会キャンペーン』は取り消しになります。

よって、3ヶ月間の割引を受けた差額分を支払う必要があります。

ちなみに、途中解約しても、無用になった入会金と事務手数料は支払う必要はありません。

入会時にスターターセットを割引価格で購入した場合は?

他に、スターターセット(ヨガマット+ラグ+yogish+ケース+エッセンシャルバーム+LAVASTYLE)の税込24,110円が割安価格の税込13,000円になりますが、退会しても差額を支払う必要はありません。

休会と退会の違いを分かりやすく比較

解約(退会) 休会
手続き店舗 メイン店舗 メイン店舗
月々の料金 0円 2100円
手続きの期限 15日まで 15日まで
1回券の利用 OK OK
再登録料 5000円 0円

翌月から解約(退会)、休会したいならどちらも15日までに手続きを行う

解約も休会もどちらも15日までに手続きすれば翌日から適用されます。

休会の期間が3ヶ月以上になる予定なら解約の方がお得

休会費は月額2,100円、解約した後の再登録料は5,000円です。
ここから考えると、休会を3ヶ月続けると再登録料を上回ります。

そのため、3か月以上の休会を継続する予定なら一度、解約した方がお得です。
休会にせよ、解約にせよ、1回券を使えばレッスンを受けられますのでサービスのレベルに差はありません。

休会から再開の手続きは前月の15日までにメイン店舗で手続きが必要

休会を止めて再開したい場合、手続きすればすぐに再度、マンスリーメンバー会員になれると勘違いしている人もいますが、違います。

休会希望月の前月15日(定休日と重なる場合は14日)までに会員証を持参の上、登録メイン店舗で手続きする必要があります。

でも、解約からの再入会は違います。

解約から再入会は手続きした日から利用OK

解約した後の再入会は、手続きしたその日からもう一度、マンスリーメンバー会員となります。
ただ、マンスリーメンバーの会費は、入会する日によって金額が変わります。

1日~15日に再登録の場合:1.5ヶ月分(当月前半分は無料!)
16日~末日に再登録の場合:1ヶ月分(当月分は無料!)

この点を踏まえて、再登録の日を決めましょう。

LAVAを退会(解約)したいと思った本音の理由

退会したいと思った理由は、なかなか明かしてくれませんが、仲良くなったインストラクターだと本音で反してくれます♪

そんな本音の5つの退会理由をご紹介します。

  1. 料金が高い
  2. スタッフの対応が雑
  3. 受けたいレッスンが受けられない
  4. 痩せないし何も変化が無かった
  5. 妊娠や仕事などの都合

料金が高い

LAVAはカルドやロイブなどに比べて高めの価格設定になっています。
以下の料金表をご覧ください。

正確に比較できるように東京の池袋店の月額料金、税込で比較しました。

LAVA カルド ロイブ
通い放題 16,300円 15,120円 13,800円
月4回 10,300円 7,020円 9,396円

ホットヨガスタジオLAVAの体験レッスンの詳細はこちら

ホットヨガのカルドの体験レッスンの詳細はこちら

ホットヨガ ロイブの体験レッスンの詳細はこちら

まず通い放題の月額の差額を比較するとLAVAはカルドよりも1,180円、ロイブよりも2,500円も高くなっています。

月4回の差額を比較するとLAVAはカルドよりも3,280円、ロイブよりも904円も高くなっています。

ロイブっていうホットヨガがダイエットの効果を押してるけど、本当に効果あるのかな? ホットヨガをやるときに男の人に肌を見せたくないから女性専...

確かにこの金額差は大きいですが、この金額差には理由があります。

考えてみてください。
LAVAはどこに立地していますか?

LAVAは全店舗が駅近の徒歩1分から3分という好立地にあります。
この立地のおかげで、駅から降りて歩く距離がグッと短くなるのでスケジュールを立てやすくなり、少々出発が遅れてもレッスンに間に合います。

また、LAVAと他のホットヨガスタジオの違いは、インストラクターの教育です。
レッスンの質を上げるだけでなく、お客様との接客についても1番、しっかり教育されていると感じるのがLAVAです。

私のインストラクターの友人でも、LAVAのガッチリした教育が重たいと言って他社のホットヨガスタジオに乗り換える人がいるぐらいです。

それぐらいインストラクターの教育に力を入れているので、その分が適正に料金に反映されているのだと思います。

ケガをせず気持ちよく、安全にホットヨガに通ってダイエットに成功したいならこの社員教育は絶対に欠かせないと思います。

カルドとLAVA(ラバ)のサービス比較 カルド LAVA(ラバ) 店舗数 67店舗 390店舗 予約...

スタッフの対応が雑

これはLAVAに限ったことではありません。
どこのホットヨガスタジオも基本的に受付のスタッフは大学生のアルバイトが多いので行き届いていないこともあります。

何か粗相があった時はインストラクターに言えばOKです。

ただ、社名は伏せますが、某ホットヨガスタジオの地方店に出向いた時、汗だくのインストラクターが忙しく受付をこなして、パンフレットをもらおうとしたら露骨にイヤそうな顔をされたことがあります。

それに比べたら、LAVAは受付専用のスタッフがいるので、そこまで雑な対応は見たことがありません。

受けたいレッスンが受けられない

受けたいレッスンが予約でいっぱいになっていてくれられなかった、というのはよく聞きます。

ただ、詳しく話を伺うと、レッスンの直前で予約を入れようとしている人ばかりです。

レッスンの2~3時間前になって、時間が空いたから受けたいレッスンに申し込んだらいっぱいだったという人が、『受けたいレッスンが予約でいっぱいすぎる!』と文句を言っているのが現状です。

受けたいレッスンが決まっているなら、入れるかどうかわからなくても先に予約を入れておいた方が正解です。

『LAVA(ラバ)に通ってみたいけど、会員が多くて予約が取れないんじゃないの?』 そんな不安を抱えているあなたに、現役にホットヨガインスト...

痩せないし何も変化が無かった

ダイエットのの効果が無く、通っても意味が無かったという人もいます。

ただ、やっぱりそういう人の意見を聞くと、通う回数が少なすぎます。

いくらダイエット効果が高いとは言え、週1回だけのレッスンでダイエットは不可能です。

痩せたいという目的があるなら週2~3回を通わないと効果は得られません。

妊娠や仕事などの都合

妊娠で体を休めないと行けなかったり、仕事で通えなくなったという理由はこれは仕方がありません。

ただ、妊娠が分かった場合マタニティマンスリーメンバーへコース変更ができます。

マタニティマンスリーメンバーのコースは全国に11店舗あります。

もし、お近くのLAVAの店舗にマタニティマンスリーメンバーのコースがあるならぜひ、変更を考えてみましょう。

ホットヨガは快適で気分転換にもなり、ダイエット効果もあります。 だからこそ、妊娠していない女性にとっては理想的な運動と言えます。 ただ、...

ちなみに退会時によく言われる表向きの理由

  • 忙しくなって通えなくなったから
  • 転勤することになって転勤先にLAVAが無いから
  • 旦那さんから辞めろと言われたから
  • レッスンの5分前にスタジオに入れてくれなかったから
  • お気に入りのインストラクターがいなくなった

表向きに言われる退会理由は、だいたい上の5つです。

別に表向きの理由を言う必要もなく、本音の理由を言えばよいのですが、どうしても大人は相手の顔を伺ってしまうのですね。

再入会したければ再入会キャンペーンを使う!

解約した後に再入会したければ、再入会キャンペーンを使いましょう。
再入会キャンペーンについて説明します。

年に5~6回ある再入会キャンペーンを使えば登録金は無料になる

LAVAは一度、入会した人に再入会を促すキャンペーンはよく行っています。

その理由は、LAVAを解約した後、他のホットヨガスタジオを体験すれば、逆にLAVAの良さを理解してもらえるという自信があるからです。

私も実際にインストラクターをしているからわかりますが、やっぱり立地や教育、レッスンの内容、後はインストラクターの負担(笑)を色々と考えても、LAVAが一番、行き届いていると思います。

ホットヨガスタジオによっては、インストラクターが受付も電話対応も手続きも全部1人でこなさないといけないので、レッスンに集中できないこともあります。

でも、LAVAはインストラクターがレッスンに集中できる環境づくりがとってもしっかりしている分、お客さんへのサービスのレベルも高くなります。

再入会キャンペーンはハガキかメールで届くのでちゃんと確認!

再入会キャンペーンは、ハガキかメールのいずれかで届くのでちゃんと確認しておきましょう!

メールの件名で、『再入会キャンペーン』『再登録キャンペーン』とあったら、まずは開いてみてみましょう。

LAVAは解約した後の再入会は多い!

LAVA(ラバ)が微妙だなと思って他社のホットヨガスタジオに移ったけど、逆にLAVA(ラバ)の良さを実感できたという人はかなりの数に上ります。

だから、

『もう一度、始めたんでよろしくお願いします!』

という声もぜんぜん珍しくありません。

もう一度、LAVA(ラバ)でホットヨガを始めたいと思ったら、恥ずかしがらずに気軽にサクッと始めてみましょう。

LAVAが短期間で効果が出ないので退会したいと思ったらパーソナルトレーニングジムを検討する

さすがにLAVAと言えども、5kg以上痩せようと思ったら3ヶ月から5か月はかかります。

ホットヨガは継続することで自然にゆっくりと体重を落として、太りにくい健康的な身体を作っていくスポーツです。
だから、あまり急激に体重を落とすことはできません。

どうしても2か月でダイエットを成功させる必要があるならホットヨガよりもパーソナルトレーニングジムの方が確実です。

パーソナルトレーニングは、痩せるというダイエットに特化したスポーツジムです。
だから、必要以上に筋肉を付けることもなく、引き締まった身体になれます。

また、食事についても的確にレシピを指導してくれるので、普通にスポーツジムに行くよりもずっとずっと効果的です。

無理せず楽しみながらゆっくり体重を落としたいならホットヨガ
目的があって短期間にスパッと痩せたいならパーソナルトレーニングジム

こういう使い分けが一般的です。

パーソナルトレーニングはライザップが火付けとなりましたが、実は女性の間で通いやすくてダイエット効果が大きいと有名なのは24/7ワークアウトです。

24/7(トゥエンティフォー・セブン)ワークアウトは、内臓脂肪を減らしてインナーマッスルをしっかり鍛えるので、身体に負担をかけずに健康的に痩せられます。

もし、急いでいるなら24/7ワークアウトの体験を受けてみましょう。

参考▷24/7 ワークアウトのHP【https://247-workout.jp】

それほど急いでいないならLAVAの体験を受けてみてください。

参考▷ホットヨガスタジオLAVAのHP【https://yoga-lava.com】

ホットヨガインストラクターのひろみです。 私は10社以上のホットヨガスタジオに通って、4社のホットヨガスタジオでインストラクターをしています。...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ホットヨガのメリット7つとデメリット4つを女性視点で経験者が解説!

立川でホットヨガのおすすめ4選【2018年版】

LAVA(ラバ)は1店舗だけ通い放題ではなく2店舗か全店舗の通い放題なのが想像以...

ホットヨガLAVAに最大49,600円も安くできる入会方法を大暴露しちゃいます!

LAVA(ラバ)のフローティングヨガにハマる人が続出!受講できるスタジオはここ!

40歳からのホットヨガは更年期障害の改善やスリムな体の維持に超オススメ!